バーミヤン&ジョナサン

費用の確認

書類を書く男性

日本国内では、法律に関する専門家が数多く存在しています。
特に、弁護士は昔から様々な場面で活躍しているということもあり、とても有名です。
しかし、最近では法律の改正などにより、司法書士も弁護士のように幅広く活躍するようになってきています。
司法書士は、主に土地や建物、会社などの登記を受け持ちます。
これらは自分でもできるものですが、多くの人が専門家に依頼をして確実に登記ができるようにしています。
当然に依頼をする際にはお金がかかりますが、その依頼料は司法書士が自由に決めることができます。
そのため、まずはいくらかかるのかを聞いてから依頼をするのが良い方法です。
ただ、そこまで事務所によって金額に大きな差は出ない場合が多くなっています。

司法書士に登記などの依頼をする際には、他にもいくらかお金がかかります。
登記の際には必ず登録免許税という税金がかかります。
これは、税金なので国に払うお金です。
ですが、登記の申請書を提出する際に一緒に払う必要があるため、司法書士が回収する流れになります。
他にも、もし依頼をした土地や建物が事務所から遠くの地にある場合などに、司法書士がそこまで行って書類などを手に入れなければならないということも当然に考えられます。
そのようなときには、その場所へ行くための交通費なども当然に彼らに支払う必要があります。
依頼の時に金額の説明がしっかりなされるので、それを聞いて自分がどれだけの金額を用意すべきかを把握することが大事です。